FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捻挫の処置

本日は、捻挫をしたときの応急処置をご紹介いたします

通常捻挫は
捻挫
 この状態から
捻挫
 内側にひねることが多いですね

ここでゆるめる方法なのですが、うちくるぶしの下の部分が縮んている状態なので、ここを押し開くようにすると捻挫の症状がかなり軽減します

ぐりぐりとしてはいけませんよ
じわ~っと押しながら、縮んだ場所をゆるめていきましょう

捻挫してすぐに開始しましょう

上手にゆるめることが出来れば、すぐに効果が出ますし、翌日に痛みが残りにくいのが特徴です

うかつにも、段差で足首を捻挫してしまいました
20歳位までは、捻挫の後遺症で足首はガチガチでしたが、足首をゆるめることが上手な先生に改善していただきまして、少々のことでは捻挫しにくい足首になっておりました

柔らかい足首は捻挫をしにくいですし、回復も早いのです
普段から足首のストレッチをしておきましょう

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ
是非とも気をつけましょう
スポンサーサイト

腱鞘炎の実際

今回、腱鞘炎についての実際の手技について
写真で御説明してみましょう

まず初めに、手首について簡単な説明をしましょう

手の指の付け根周囲の手根間接と言う甲の部分と
腕の骨二本、橈骨・尺骨との間が動くことによって
手首の曲げ伸ばしや、回旋が出来ます

ちょうど曲げるとしわがよる部分ですね
手首のしわ
 しわが出来ています

この部分が硬くなり動きが悪くなると、指先にも
力が入ってしまい、疲労が溜まり易くなります

さらにヒジ周辺や、肩関節周辺にも疲労が伝わって
影響が出てしまいます

それだけではなく、対となる肩関節・股関節の
関係で、手首をかばう事により、腰痛や股関節痛を
引き起こしてしまうこともあります

人体は、いろんな場所が影響しあってバランスを
とっています

では、実際にやってみましょう

まず最初に、しわの部分を中指と親指でつかみます
ちょうど指がはまって動かなくなる場所が
あることに気がつきましたか?

手首の握り方
 写真の角度になるように、手首を握ったま
ま胸元まで引き上げます

手首の握り方
 写真の角度になるまで、手首をへその下まで押し下げます
ちょうど、上下にスムーズにリズミカルに動かします
胸元まで引き上げるときには、中指と親指が
手首に食い込みます
押し下げるときには、親指と人差し指の間の
水かきの部分が手首に食い込みます

これで手首の間を弛める事が出来ます
うまくゆるみ出すとぐりぐり・こりこりと
音が鳴り出します(ならなくてもOK)


次に橈骨・尺骨の間を開きます
手首の弛め方
この部分に他方の親指を当てて、先ほどのように
上下させます

手首の弛め方
爪のあとを残している位置より、少ししわの上を弛めます

このように、手首周辺を刺激する事によって
自分で手首の腱鞘炎を予防したり改善したり
することが可能になります


自分でするのと、施術を受けるのとは違いますが
私自身も、この方法でメンテナンスをしております

初めは、ゆっくりとやさしくてかまいません
だんだんと痛みがなくなってから、握りを
強くしたり、上下の上げ下げのスピードを
早く強くしていけば、効果は多く出ます

他方の親指と中指で挟んで、橈骨・尺骨の間を
触ったりしわの部分を触ったりするだけでも
効果は出てきます

是非、結果を出してみてください





腱鞘炎

自分自身が体験したのは、小学六年生の頃でした

ソフトボールをやっていた関係で、手首を傷めた
のだろうと、病院で診察していただきました
多少、シップを貼っただけだったと思います

時は流れて10年後、当時は書店で働いていて
毎日、書籍を大量に抱えて、一冊一冊書籍を
差し込んでいく作業は、手首にひどい痛みを
抱えての日々でした

書店勤務を続けながらの整体の勉強中、またしても
ひどい腱鞘炎に見舞われました

当時、手首足首のゆるめ方の上手な先生のもと
入門コースで勉強していたのですが、随分
教わりながら、手首足首を治していただきました

足首の捻挫の後遺症で、とても足首は硬く
先生泣かせの体をしていて、痛かったものでした

思い出してみると、当時は冷たいものが好きで
真冬でもアイスコーヒー、食べ物も温めず
冷蔵庫から取り出してのそのままの食事など、
知らないってことは怖いですね、随分無理を
していたものです

その頃、芸能人のインタビュー、香港ロケでの
エピソードの一場面

日本人の一行は、昼食にロケ弁と言う冷たいままの
食事、一方、現地スタッフは温かいものしか
食べなくて苦労をした、と言うような話でした

医食同源のお国柄、考えてみればもっともです
後日、妙にそのことが気になり現在の研究の
第一歩だったことは間違いないですね

子供の頃からの冷えの放置、手足に影響が出て
当然のことだったのでしょう

丁寧な手足の施術により、現在は自己管理も加え
手足は十分と柔らかいと言ってもらえますね

手軽に出来る自己管理として、まず、手足の指の
間の掃除をすること

手足の甲の部分、皮膚の中では指が分かれて
いますよね、この部分が狭くなると、付け根の
手首足首の疲労が増加して、可動域が狭くなります

指先から始まる、経絡の流れを妨げているんです

手首を反対の手でつかんでみてください、そして
つかまれた手を、グーパーしてみてください
随分動かしにくいですよね


この状態が、疲労の溜まった関節の状態です
お風呂の中で、温まった状態で、やさしく
触ってあげてください

足首も、くるぶしの周りをやさしく触ってあげて
ください

手首の疲労はヒジに溜まり、さらに肩周辺に
溜まってしまいます
逆に、肩周辺の疲労が手首に影響を与えて
しまいます  足首も然りです

実際の施術は、なかなか口では表現しにくいの
ですが、機会があれば写真入で説明してみたいと
思います

まずは、お腹の中から改善しましょう
是非、ご一緒にお湯をどうぞ



side menu

プロフィール

金魚マスター

Author:金魚マスター
FC2ブログへようこそ!
健康って大切ですよね
自分自身の体を知って
健康管理!
整体師がお手伝いいたします

カテゴリー

お知らせ!

皆様のコメントをお待ち致しております 質問も気軽に書き込んでくださいませ   なお不適切と判断されるコメントは随時削除いたします

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログランキング

blogランキングってなに?とお思いの方にお知らせです。          blogランキングをクリックしていただけると 10ポイント加算されて、ランキングの累計ポイントに 反映されます     (一週間の合計が表示されています)                      24時間で一回しか反映されませんが、応援よろしく お願いします。               午前0時でリセットされます。       皆様の応援が大変励みになっております。 順位が上昇しますと、多くの方に見ていただくチャンスが 広がって、頑張る気力が充実してまいります。   人気blogランキングへ参加しております

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

11 * 2018/12 * 01

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。