FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の気持

早いもので、今年も残りわずかとなりました

皆様の温かいご声援で、年末のこの日を
迎えることが出来まして

感謝の気持で一杯でございます

お湯の効果のお陰で、皆様にも出来る限りの
メッセージを残す事が出来たのではないでしょうか?

多くの方と出会い、コメントを交わしブログを
見ていただくことは、緊張もしますし責任も
感じております

しかしながら、その何倍もの勇気と感動と
そして喜びをもたらして頂きました

来年もまた、ブログを続ける勇気を分けて頂いた
事を実感しております

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ

ランキングなのですが
健康と医療部門内-健康全般 部門で最高位10位(285登録中)
健康と医療部門内で80位くらい(1000以上登録中)
というすばらしい結果を頂きました

9日間という短期間でのランキングです

お陰様で金魚部門はこちらのようになりました

お陰様でダイエット部門はこちらのようになりました

三部門すべて、皆様のお陰でよい結果を頂きました
来年もまた、努力精進してまいりますので
応援のほど、よろしくお願いいたします

ひとえに皆様の来訪と応援の賜物だと思っております
来年もまた、努力精進してまいりますので
応援のほど、よろしくお願いいたします

皆様の健康とご多幸を心からお祈りいたしております
良いお年を・・・
スポンサーサイト

子供の風邪・・・

28・29日と娘が、赤い顔をして少しきつそうです
おでこをさわっったら、少し熱がありました

初日は、首が少しずれていましたので、軽く弛めて
あげて、背中の風邪のツボ周辺を中心に骨を弛めて
あげました

ものの数分後には、熱は下がってしまいました
親子だからなせる業、なのでしょうか?

子供の熱は、心配してしまいます

と、次の日も一日中、出張していたのですが
戻ってまいりますと、39℃近い発熱だとか

頂いていた解熱剤を昼頃に、嫁が使用しているとの
事だったのですが、夜、7時の段階でも熱は38.5℃を
上回っていました

今回も首・背中を弛めたあと、今回は、蒸タオルを
子供の首に当てて、経過を見ておりました

見る見るうちに、子供の顔から熱けが引いてきて
子供の元気が回復されてきました

整体師の子供だから、と言うことではなく、子供との
親子関係、信頼関係が大きな役割を果たしていると
思いますし、子供をどうにかして楽にしてあげたいと
言う気持が、子供にタオルを当てるいう身近な治療を
してあげることにつなげる事が出来た結果だと
思っております

是非とも、同じ気持で患者様に接していくことが
出来続ければよいと思っております

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ

本年最後の・・・

出張が、本日終了いたしました
本年最後の施術日になりそうです

新しい出会いがあり、人の輪が広がっていく
ブログでも患者様でも、心が伝わってかなければ
長い間のお付き合いは出来ませんよね

わたくしの整体では、ご紹介のみの新規患者様に
なりますので、私の施術を受けていただいた患者様
からのご紹介がなければ、輪は広がってまいりません

技術がなければ結果が出せないことも事実ですが
心が伝わっていかなければ、患者様の信頼も
得ることが出来ません

逆に、信頼感関係が構築されればこそ、痛みや辛さも
大きく改善されることがあるんですねぇ

整体は、心の施術を第一に考えなければ
本当の健康にはつながっていきません

小さなお子さんも、小さな手で、素直な心でお湯を
受け入れてくれています

微笑ましくも、大変有難いことですよねぇ

こうして、大人や教育、健康に携わる者として責任を
深く胸に刻みつけながら、歩んで往かなければ
なりません

子供に伝わっていくのです・・・
真っ白な心に、周りのことが確実に浸透して
いくのです    少しずつ、確実に・・・

大人の気持ちにも、なぜだか、す~っと心に伝わる
瞬間だとか、言葉とか、手の温かさだとか、施術とか
表現できないものが、誰の心の中にも存在するんで
すよね

意識してみませんか、自分自身に脈々と受け継がれて
いるDNAの存在を・・・
そして、信じてみませんか?
皆さんとも、つながっている見えない絆を・・・

本年は、お湯がその第一歩を切り開いてくれました

来年は、どんなことが新しい扉を開いてくれるので
しょうか?

心の鍵は、皆さんの心のなかに、そしてDNAの中に
きっとしまわれていますよ

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ

ご挨拶

当ブログを開始致しまして早2ヶ月・・・
皆様の応援のお陰でここまで続けて来れました事を
深くお礼申し上げます

そろそろ、年末年始の里帰り等でブログでの
やり取りを少しの間、お休みしなければならない
方々に早めのご挨拶です

開始当初は、うまく情報をお伝えしていてるかどうか
不安も多くありましたが、皆様の温かいご訪問と
コメントに後押しされて、ここまでたどり着くことが
出来ました

少しずつではございますが、お湯を試して頂けている
方も増えてきて、嬉しい限りです

ランキングにチャレンジすることにも、内容が内容な
だけに、随分と悩みましたが、皆様の温かい応援が
伝わって来て、励みになっております

これからも微力ではございますが、お役に立てるよう
精進してまいります

皆様が、幸福な年末年始をお送りできますように・・

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ



笑いのもたらす免疫力

本日は、笑いがもたらす免疫力アップです

以前にも、TVで拝見したことがあったのですが
「いのちに感謝の独演会」主宰の樋口強さん
お話を少しご紹介いたします

樋口さんご自身、肺がんを患い抗がん剤治療を
開始、病院のベッドで痛みや苦しみ吐き気との
闘いの中、ご自分のお好きな落語を病床で毎日
聞き続けていたとのこと・・・

落語がもたらす人間模様に、家族の下へ戻りたい
心の豊かさを取り戻そうとする気持ちを強く抱いて
闘病生活を戦い抜いたそうです

術後5年の経過・・・「笑いは最高の抗がん剤」と
自らの落語の講演会でも訴えながら、今でも元気に
日々の生活を送っていらっしゃいます

笑いのもたらす好結果は、癌だけにとどまらずに
アトピー性皮膚炎や関節リウマチの患者様にも
効果が現れたとか・・・

ストレスがもたらす、自律神経のバランスの崩れ
現在、爪もみ療法などが好結果を生み出している
大きな原因も、このストレス解消なのですね

今回、この記事を取り上げたのには理由があります

新しく、ブログと言う世界に足を踏み入れて
多くの方々と出会い、交流し、友好を深めています

そして何より、多くの方からお力と笑いを提供して
頂いている事を、是非お伝えしたくて取り上げました

成功しちゃったダイエットのれいれい様

まったりいっぷく

まったりぶっちゃけのyoyo様

お腹を抱えて、咳き込みながら笑わせて
頂いているのは、本当に感謝しております


そして、多くの方々との出会い
リンクさせていただいている方だけではなく
多くの方の応援で、頑張ってこれています

そして、ご一緒させていただいている患者様
様々な方々とのご縁で成り立っているんですね


人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
そして、コメントでの出会いが嬉しいのです
是非、ご一緒にどうぞ




かかとの痛みと腰のきれ

久々に、かかとの内側に軽い痛みを感じました
内かかとから足の裏側にかけて・・・

と、同時に腰に軽い違和感を覚えました
理由を考えていますと、風邪の立ち上がりで胃系の
調子が万全ではないことと、クリスマスでお酒を
多少多めに飲んだことでしょうか?

肝臓の痛みは、右足に出やすいです
ふくらはぎやかかと、そして腰と背中・・・
右側中心のことが多いですね


腰の体操を少しした後、患者様に接していると
正しい姿勢で施術をいたしますので、自分自身の
体が改善されてきます 不思議ですね

12月はお酒を飲む機会が増えますが、どうぞご自愛
くださいますよう・・・

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります

是非、ご一緒にどうぞ

続・高血圧

本日は12/14日の高血圧に続く第二弾です

本日は「健康2005-12号」から
茨城キリスト教大学教授・栄養学博士
落合敏先生
の文献からです

「おかか+納豆」で血圧の安定です

納豆の血栓をを溶かす働き「ナットウキナーゼ」は
あまりにも有名になりましたが、女性ホルモンの
不足を補う大豆イソフラボンも多く含んでいますね

しかし、鰹節との組み合わせで更なる高血圧改善に
良い食べ物になるとは、ご存じないでしょうとの事

鰹節には、たんぱく質の材料となるアミノ酸が二つ
くっついた「ペプチド」や、うまみ成分の
「イノシンサン」が血液をさらさらにして、血圧
上昇させる酵素の働きを妨げ、血圧を安定してくれる

「イノシンサン」はDNAの傷を回復してくれる
働きがあり、さらには、鰹節菌の「アスペラチン」
と言う成分は、体内で抗菌作用を発揮して免疫力を
高めてくれる作用ももつと言います

生きた酵素は熱に弱いので、加熱調理をせずに
炊き立てのご飯の上にかけることはせずに食する
ことを薦めておられました


いかがですか?
納豆がお好きな方は、是非お試しくださいませ
人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります

是非、ご一緒にどうぞ


DNA

体の中に脈々と受け継がれている遺伝子

太古の昔より、そのデータは収められています

ふとした瞬間に、その遺伝子は目を覚まします

自分でも気づかない才能や思考、癖など
以前の記憶かも知れませんね

今現在、皆様も御自分の健康維持に気を配り
より良い体を手に入れるために努力する・・・

この一連の作業自体が、DNAに刻まれていくのです
そう、良いことも悪いことも・・・


ご自分が努力する、お子さんに健康を伝えていく・・
そうすることで、体に刻まれていく子々孫々への絆
それこそDNAですね

ご自分だけが苦しんで、自分自身には返って来ないと
お思いかも知れませんが、考えて見ましょう

今現在、生きて生まれたことは先祖代々受け継いだ
体の記憶なのですよ

何億分の1の確立の受精に妊娠・・・
そのことだけでも神秘的で、有り難いことですね

DNAには、過去の英知が詰まっています
一度、DNAに話し掛けてみませんか?
きっと以前の記憶があなたを救うチャンスを
与えてくれることでしょう


自分自身の体の息遣いを感じることも出来ますよ

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります

是非、ご一緒にどうぞ

気の流れ

本日は、気の流れについて

日頃、整体の施術に入ると自然と手が温かくなり
仕事モードにスイッチが入るのですが、本日なぜか
全然、手に温かさが出てきません


集中出来ていないからでしょうか?
元気がないからでしょうか?
どこかで滞っているからでしょう?

考えてみるに、思いあたることが浮かびません

実際、冬場は手が冷たくなりがちでパソコンを
していても、マウスを握る手が冷たくなり
いつまでも冷たいままと言うことも有りがちです

ここのところ感じていたのが
骨盤・股関節でも触れているのですが、陰陽のバランスの回復なんです

女性の場合は、疲れたり気の流れが滞っていると
冷えを感じやすく、体が冷えてしまう状態に陥ります

男性の場合は、逆に体が熱く感じたりのぼせたり
しやすくなり、体が熱を持つ状態になります

しかし、この男女の状態は、お腹の中の状態が鍵を
握っています

女性の場合は、お腹の中が温まり、基礎体温が
上昇すると体内の血液の循環が良くなり、冷えから
開放されやすくなります

男性の場合は、お腹の中が温まると体表の
温度感知感覚と体内の温度感知感覚が一致することに
なり、体のほてりが治まり、以前よりは手足の適度な
冷たさの感じ方も回復してきます

以前は、わたくしも冷たい飲み物や食べ物を好み
お腹を冷やすことの多い飲食をしておりました

体内の温度センサーが異常を感じていたのでしょう
暑がりで、ほてりが強かったのです

今回の気の出方の悪さと、体内センサーの誤作動の
関連性は解明できませんが、日頃の感覚の変化の
違いからも、原因の一端ではあろうかと・・・

風邪が原因で、気管支を痛めたために、呼吸が
スムーズにいかない現われなのかもしれませんね

呼吸を無視した施術をする先生は短命だと、どこかで
耳にした事がありますが・・・

長生きにつながる事かも知れませんね

今現在、手も温かくなっています・・不思議ですね

人気blogランキングへ参加しております
バナー

皆様の元気が一番の励みになります
元気な応援ポチっとお願いいたします

是非、ご一緒にどうぞ




連携

以前から感じていたことなのですが・・・
最近、東西医療の融合が進みつつあるようですね

アメリカでは、医療費削減にと東洋医学の
導入が進んでいるだとか、日本でも外科の院内に
整骨や整体等の施設を併設しているとか・・

数値に表れないような体の変化や、場所の限定
できないような症状を限定できたり・・・
東洋医学の良さを西洋医学にも反映させ、逆に
腫瘍や変形、外科的な手術を要するようなものは
適切に西洋医学の分野にお任せする・・・

中国では、中医学と言うわけ方で東西医療の融合が
進められてきたものの、近代化の波に迫られて
大切な東洋医学のよさが、段々と迫害されつつ
あるとも耳にしました

西洋医学の道に進まれたお医者様が、東洋医学を
取り入れることも多くなり、随分と明るくなって
きた、東西融合の医療会・・・

つめもみの安保・福田両先生など、随分と道を
切り開いてくれましたね


結果的には、人類が明るく生活できるための医学で
なければならないのですが、制度としての改善は
今の日本では、まだまだ遠い道のりですね

少しでも、身近な患者様のお手伝いが出来れば
幸いです

風邪の続き

昨日、気づいたことがあったのですが・・・

今回の風邪では、胃系についてご紹介したのですが
患者様の訪問の帰り道、少し気になっていた左わき腹

この部分にさすると少しピリピリした痛みがあり
考えていると、この部分は左胃系の反応点・・・
ちょうど、肋骨が背中から前面に回ってきて
7番目の肋骨の骨の位置なんです
(みぞおちより左側、2~3センチの周辺)

背部の左7番は胃の反応点として有名なのですが
またしても、自分自身で確認できるとは・・・

皆さん、右鎖骨の下の部分、リンパも関係しますが
咳や肺、風邪の予防に有効な場所でもあります

是非、お風呂の中でもマッサージを取り入れて
風邪の予防してみませんか?

お掃除に詳しく方法を載せておりますよ

是非、ご一緒にどうぞ

噛み合わせ

本日は、前からの患者様で出張整体の方の
所へ行ってまいりました

腰の状態を心配してのお電話で、早めにお電話を
いただければ随分と様子も違うもの・・・

私自身の体調とも相談しつつ、施術をすることで
自分自身の体調が早く回復することを考えての
決定でした

咳だけが気になるものの、結果的には施術中は
まったくといっていいほど出ない状態でした

そこで、意外な情報を頂いてまいりました

以前から、その患者様は、耳鳴り・頭痛・肩こりに
より、随分と不安定な生活を送られておりました

正座が出来ないとか、ぎっくり腰になりやすかった
とかはいう状態は、随分と前に改善しておりました

しかし、耳鳴り・頭痛・肩こりの症状には依然として
改善できずにおりました


肩周辺の筋肉の状態や温かさ等、感じるとこの
状態は、随分と良い状態を感じることが出来るのに
結果が出ない状態が続いておりました

開口一番、歯の調子が原因だったようだと・・・

以前も、歯に関しては肩こりや偏頭痛の原因になると
相談しつつの施術でしたが、今回は、歯そのものを
治療すると言うものではなく、マウスピースを
使っていると言うものだった


歯科医の先生は、比較的若い先生らしく、これが
ピタッと決まった状態だったのだ

数週間使用した後に、マウスピースをなくしてしまい
その後、数週間ないままの生活、たったそれだけの
期間でも耳鳴り等の状況が随分と改善されたとの事・・

その後、作り直してさらに数週間経過しての現在
驚くほどの改善状態との事だった・・・

口は、消化器官の入り口として大切な役割を担って
おりますが、これほど端的に変化が現れたことに
驚きを隠せないでいます

出来るだけ、腕の良い先生にお会いできれば
幸せなのでしょうが・・・整体業界共々、なかなか
うまくは巡り合えないようで・・・

さらに、良い師匠に出会えることが出来るかどうかで
人生の進み具合も決まってしまう・・・

わたくし自身は、良い師匠に出会えたことに
大変感謝しております


風邪の症状

今回の風邪については、様々な実体験を致しました

まずは、のどに対する痛み・・・
厳密に分析してみるに、気管支に沿うように
痛みと言うか、違和感が立て向きに走ったのを
覚えております

不思議だったのが、のどの痛みとともに、鼻の通りが
良くなり鼻づまりは解消されて、通常ののどの痛み
とは違う場所に痛みを感じた事でした

続いて、胃の不快感・・・(腹部が立て向きに硬直)
腹部周辺が胃を中心に硬さを感じていました
よく、腹を立てると言いますが、まさに立腹の状態
以前、腹を立てると体に様々な症状を引き起こすと
聞いたことはあったのですが、このような状態で
経験するとは、思いもしませんでした


風邪の間、食欲が減退するのは勿論のこと、消化も
随分と遅く、随分と不快な感覚が持続しておりました
さらには、左肩の痛みと違和感・・・
左鎖骨の狭まりと軽い痛み・・・左は胃系です


咳・のどの痛みならば、右側の鎖骨の痛みや不快感と
なるべきものが左に現れたのも、胃系の流れの滞りが
原因だと言うことも理解出来ます


振り返ってみると、ここ数日、消化器系統に少し
違和感があり、気をつけなければいけないと思って
いた矢先の出来事に、妙な関連を覚えております
さらには、数週間の鼻の不快感や詰まり・・・

胃と鼻とが、重要な関連があるとの文献を読んでは
いたものの、実際の経験をするまでは理解が出来ずに
おりました

今回の風邪により、鼻と胃の関係は随分と理解する
ことが出来ました

特に、病気に対する不安には、考えさせられる部分が
多くありました(万が一、ひょっとしたら・・・)

患者様の不安を最大限取り除き、気持ちの上でも
健康になっていただくための心構えを練り直すことが
経験できたこのたびの風邪でした
(かなりの病状の悪さでした)

故、野口先生の「風邪は食べすぎから来る」との
お言葉を身をもって体験したうつけ者だと
実感いたしております

病状を悪化させる前の対処が、大病するかの
分かれ道・・
今回の風邪で、随分と体がリセットされたことを
実感しておりますが、更なる精進を胸に抱きつつ
進んでまいります

どうぞ、皆様におかれましても日頃の用心
気を抜かぬ様ご自愛くださいませ

ご報告

申し訳ありません
風邪による気管支炎のために気力がありません
後日、更新いたしますのでお待ちくださいませ


17日の夜、のどより深い位置で違和感を覚えました
また、風邪の初期症状かな?体を冷やさぬよう
注意をし、ゆっくりしようと早めに就寝致しました

18日の朝、こちらでは近年稀に見る積雪に娘と嫁が
朝から雪だるまを作成いたしておりましたが
のどにかなりの違和感があり、咳き込むと言うより
気管支に炎症がある感じでした

一番のピーク時と比べて、まだ軽い感じがして
おりましたので(振り返ってみると)大根スープを
温めて軽く飲んで見ましたところ、腹部が硬くなり
明らかに胃袋周辺が動いておらず、呼吸が入りにくく
なってくるのを感じ始めました

そこからは、急激に気管支の炎症が下の部分まで
広がってきており、横になるほうが辛い状態まで
落ち入ってしまいました

体力温存と体力回復のために、寝てはいても
寝返りばかり打って、うつらうつらの一晩でした

月曜日は娘の幼稚園の送り迎えもあり、患者様の
ご予約も入っており、風呂にもつかり態勢を整えて
おりましたが、無理をすると多方面の方にご迷惑を
お掛けするとの思いに心を決めて、お断りの電話を
差し上げました  

これほどの症状も初めてならば、患者様をお断り
してしまったのも初めての経験ですので、気持ちが
抜けてしまいました

19日の夜にかけて、気管支の炎症も上部に集中して
来たのを感じ、峠を越えたことを感じつつ就寝・・
目を覚ますこともなく熟睡できた一夜でした

20日現在、軽いのどの痛みはあるものの、腹部の
硬さもなくなり、全身の強張りも弛んでおり不安な
状態も抜け出すことが出来ました

今回の病状において、実に様々な体験をすることが
出来ました
元来、体が丈夫に出来ており、大病することもなく
無事に生活を送らせ頂いております故、患者様の
痛みに対する感覚がぼやけていたのかもしれません

自分に実体験のないものは、なかなか痛みや不安を
共感しにくいものだと考えておりました

しかし、仕事柄、病気を持ったままの施術は通常
無理がかかりますので、自分の体を健全に保った
上で初めて健康をご提供できるものと・・・

医者の不養生と言われても仕方がないのですが
今回の病状は、本当の意味での勉強を私に与えて
くれたものと感謝をし、今後の精進の一歩に
加えさせていただきます

ご心配をお掛けいたしましたが、何卒、皆様に
置かれましてはお体をご自愛頂きますよう
心からお祈り申し上げます




お茶の効能

皆さんも、お茶の効能については随分と
お聞きになったことがあることでしょう

カフェインが肥満防止に役立つことも知れ渡って
きましたし、血液中の中性脂肪やコレステロールが
下がって、動脈硬化を予防したりもできますね

緑茶に含まれるカテキンは、大腸内の悪玉菌を
減少させてくれる働きもあり、老化防止にも
あるんですねぇ・・・
さらには、血圧をさげる働きもあるとか・・・

効能としても、虫歯予防・歯槽膿漏・口臭・二日酔い
風邪の予防・免疫力アップ・・・
コーヒーの胃がん予防効果にも注目が集まっています

緑茶にコーヒー・・・現代人にマッチした飲料です

しかし、体全体の調子がいまいちの患者様が多いのも
事実なんです お茶やコーヒーを多く摂取されている
方の中にも多いの事が・・・

なので、お湯を一日に2~3杯プラスして頂く様に
してもらったんです

場合によっては、利尿作用が強すぎて、血中水分の
バランスが悪くなってしまう・・・


お湯ばかりでは味気ないし、お茶やコーヒーは
自分自身も良く飲みます

美味しくお湯(温かくした水で45℃)を併用すれば
随分と健康になり、生活も楽しめますよ・・・


是非、ご一緒にどうぞ

舌磨き

東西医学の基本に、舌診と言うものがあります
舌の状態を見て健康の判断を行うものです

舌を鏡に映して確認してみてください
赤過ぎたり、白っぽかったり、白や黄色いコケが
着いていたりと様々ですね

舌には、味らいという、味を感じるポイントがあり
コケで覆われていると、味覚が鈍感になり濃い味に
慣れてしまったり、過食の引き金になってしまったり
してしまいます

試していただきたいのは、舌のブラッシング・・・
柔らかめの歯ブラシで、何もつけずに軽く磨く
たったそれだけなんです


現代の食事には、食品添加物や様々な毒素が多く
混入されている食べ物が多く存在しています

自然に近い食品を、出来るだけ薄味で食することが
健康維持の第一歩ともいえますね

今、盛んに発表されているデトックスも、この一連の
循環の中に含まれると考えられます

詳しくはデトックスの効果
デトックス
までお寄りいただければ幸いです

味覚が敏感になれば、摂取するものも変化し
体の正常化はスムーズに行われることでしょう

排泄力はお湯
の効果でさらに高まります
是非、ご一緒にどうぞ

骨盤・大腰筋ストレッチ

本日は、簡単な骨盤ストレッチをご紹介いたします

まず最初に
ストレッチ
片ひざを立てて反対の足を内側に曲げます

ストレッチ
続いて、曲げている足を地面の方に下げていきます

ストレッチ
立てているひざも、内側にしめていきます

こうすることにより、骨盤が締まり太りにくい体に
変化していきます

さらに、曲げているほうのひざを地面に下げる際に
大腰筋が伸ばされて、腰のストレッチにもなります

簡単に曲げたひざが地面に着くようなら、随分と
腰の筋肉は柔らかいといえますよ


左右差があったりしますので、地面に着きにくい方を
念入りにストレッチしましょう 

写真では、一枚目と二枚め以降で足が逆に
なっていますが、一連の流れは同じ足ですよ


ひざを曲げながら、立てひざを引き寄せる動作は
必ず息を吐きながら行ってください

弛める運動は、吐く息ですよ

高血圧

速報です

健康雑誌で「健康2005-12号」を読んでいると
塩分と血圧の関係と言う記事が掲載されていました
お医者さまで、野村喜重郎先生の見解ですが
高血圧には、食塩に反応するタイプとしないタイプが
存在して、一概に食塩が高血圧の原因とは言えない
言うものでした

これによると「食塩感受性」と「食塩非感受性」とが
存在し、感受性タイプの患者さんは全体の半分以下と
推測されるので、原因は食塩以外にあると・・・

確定的な判断方法はないものの、1~2週間塩分の
少な目の食事を行い、その後、多めの食事を行い
減塩中に比べて10%の血圧上昇があれば
食塩感受性タイプの可能性がありうるとのこと

実は、イギリス人医師のウェールズ氏の研究によると
食塩を15g以上摂取する人は、高血圧・心不全
ゼンソク・浮腫などにかかりやすく
逆に、8g以下しか摂取しない人は心臓や血管系の
虚弱・低血圧・出血や外傷に対する抵抗力の低下が
みられましたとの事

病気がもっとも少なかったのは、8~15g摂取
していた人たちだったそうです

高血圧を効果的に防ぐには、減塩がかりをを気に
するよりむしろ、余分な塩分(ナトリウム)を
体の外に排泄するカリウムとのバランスがを
考えたほうが現実的で、効果的だと言われます

天然塩には、カリウムも多く含まれているので
お勧めだと書かれています

整体とは、違う切り口にはなりますが、大いに
ヒントになることが、次々と研究されています

今回、初めて文献を掲載してみました

姉妹サイトに
お塩の日記を載せていたのですが
きちんとした形でご紹介できたことは幸いです

また、お湯の効果を益々実感できた文献でした


骨盤・股関節

女性の骨盤は、女性特有の周期により
日々刻々と変化しております

毎月が出産の予行練習をしていると言っても
いいでしょう

さらに、男性と比較しても、股関節が骨盤への
はまり方が浅く、どうしても変形・疲労が
起きてしまうのです

男性は上半身に、女性は下半身に気が集まりやすい
上半身は陽・男性の性質も陽
下半身は陰・女性の性質も陰と大別されています


性ホルモンの関係もあるのでしょうが、男性は
疲労が溜まると熱がこもり、上半身に影響しやすい

女性は疲労が溜まると、下半身に影響が強く現れ
冷える形で症状が現れます

陰陽のバランスからも、女性の下半身は
大切なんですねぇ

では、簡単な骨盤のズレの確認方法を紹介いたします

トイレでしゃがむ・座る時、尿の飛び方を確認
してみてください
毎回、どちらか一方に飛んでいませんか?


これは、整体の大先輩に教わったことなのですが
なるほど、自分でも確認しやすいですね

そこで改善方法なのですが、片方の足を投げ出して
(投げ出した足は、少し曲げてもいいですよ)
もう片方の足のかかとを自分の恥骨のところまで
引き寄せて、息を吐きながら体を前にゆっくりと
としていくと言うもの・・・
もちろん、両足行ってください
仕上げは、両足を恥骨のところまで引き寄せて
実行してください

そして、気楽に気長に実行してみてください

けして、焦って無理にしないでくださいね

体のバランス

日常生活において、様々な痛みや疲労が
体を襲ってきます

肩が痛い・回らない・挙がらない
腰が痛い・曲がらない・ねじれない
ひざが痛い・曲げれない・ひねられない
首が痛い・曲げにくい・回し難い

あるいは、背中が痛む・お腹が痛む
目が痛い・耳鳴りがする・・・
きりがない位に、病状や症状がありますね

西洋医学でも、東洋医学でも、原因が判明しない事も
多く、改善や治癒しないものも多く存在します

しかし、分析していくとなるほどと言う構造や
流れが解明できるものも多く存在するのも確かです

例えば、ひざについてはひざの痛みでも
述べましたが、私たちが知らないだけで本当は
原因と結果によって成り立っています

癌になる理由についても様々な研究の結果、随分と
原因が解明されてきました

同じように、人体の関節についても解明されて
いることが随分とあります

例えば、人体の関節について、足首・手首の対
ひざ・ヒジの対、肩関節・股関節の対と言うように
上下左右のバランスを絶妙に取りながら成り立って
います

実際の現場でも、体に異変が現れる経過には流れが
存在し、下半身の場合、内臓の疲労が腰椎に影響を
与え、骨盤周辺の疲労や痛みが股関節に影響を及ぼし
かばう様に、ひざへ影響を及ぼします
内臓の影響と相まって、足首周辺には滞りや痛み
腫れを引き起こし、場合によっては、かかとの裏側に
痛みをもたらし、なぜ故にかかとが痛いのだろう?
と、かかとだけの原因究明が始まってしまいます

これでは、いくら施術を施しても良くなる訳が
ありませんよね


逆の場合もありますが、指先を多く使う場合
その疲労は、指の関節に沿って手首周辺に溜まります
手首の自由が制限されると、ひじ周辺のじん帯の
動きにも制限される影響が出始めます
手首、ひじの疲労や痛みは大元の肩の周辺に影響を
もたらし、前部の小胸筋や大胸筋に疲労が蓄積されて
前かがみの姿勢の原因となり、相対する背部の筋肉が
抵抗するかのように、筋肉を緊張させることで前後の
バランスを取り始めてしまう・・・

これにも、内臓の疲労による影響は大きく現れ
大腸系・小腸系・心系・三焦系・心包系・肺系等
上半身の特に指先から始まる経絡が、腕の疲労に
大きく関係しています

特に、今話題の爪もみ療法などは、この経絡の
流れを利用することにより、免疫力を高めようと
する考えかたに基づいたものですね
内臓も手足に影響が大きいことが伝わったで
しょうか?

そして、注意しておかなければいけないのが
仕事や趣味、日常の偏った手足や目の使いすぎです
私も仕事がら、親指には負担が掛かってしまいます
関連する箇所のストレッチやメンテナンスが
大切になってきます

一般的には、一番根元に疲労が蓄積されています
股関節、肩関節、そして首の付け根・・・

皆さんが一番違和感や疲労、痛みを感じるところ
ではないでしょうか?

痛みは突然現れたように感じるかもしてませんが
日常の中にこそ原因があるのですよ


まずは内臓、そして関節の可動域の確保・・・

整体の技術の根本は、ここに集結していると言っても
過言ではないでしょう

まずは、セルフメンテナンス・・・
お湯で内臓・血液を健康にしましょう


それによって随分と改善されることも
多いのですから・・・

整体師としての可能性を胸に抱き精進しておりますが
日々問題に直面することしばしば・・・


少しでも、皆様のお役に立てればよいのですが・・・

気が合う

本日は整体の先生方が集まっての技術交流会が
催される日でした

毎月定例会のかたちで開催されること400回以上・・

当然、大先生は皆勤賞で講義をしてくださる

継続は力なりとはいえ、受身の自分達とは意味が違う
本当に有難い事です

そこでの集まりの最後に、輪になってお互いの
手のひらを重ねあって、互いの呼吸を感じながらの
気の鍛錬をいたします

相手の気を感じ、また、自分の気を相手にスムーズに
受け取って貰うための練習です

技術交流の合間に、大先生が我々三人のところに来て
そっと手を差し出して、握手をしたんですよ
我々三人も互いに握手をしてみます

そして、「何か違いがわかるかね?」
そして一言・・・「誰に整体をしてもらいたいかね」

そうですねっ、握った感じが違うんですよ
温かかったり、力強かったり、包み込まれるように
感じたり・・・

患者様は無意識に感じ取っています
そして、比較をしております


最初は意識をしながら、そして段々と無意識にまで
安定できるように・・・
このことは、今現在の私には課題の一つでもあります
間接的にですが、大先生が私のことを気が良く
出ているとおっしゃってくれていると聞きました

やはり自信につながりますし、励みにもなります
しかし、コントロールが今いち出来ていないのです

施術中は、常に気が出ている状態に入っています
(これは意識できています)
無意識にも出せるようにもなっておりますが
正しい知識で、正しくコントロール出来ている状態
から、無意識レベルに安定しないといけない


また一つ、成長するきっかけを頂きました

皆様も、意識が気に変わる感覚を感じてみませんか?

良かったら
気についてまで
お越しくださいな 

ひざの痛み

皆さんは、ひざの痛みは体重が重たいから・・・
ダイエットをしたらいいよって話を聞きませんか?

体重が重いと、ひざに負担が掛かり易いのは
一見もっともな意見ですね

と言うのも、考えてみてください
お年寄りの方で、大変痩せていらっしゃるのに
ひざが痛い方、多いと思いませんか?

そうなんです、体重オーバーはひざ痛の原因の
一要因に過ぎないのです

そもそも体重オーバーの要因そのものを考えてみるに
過食が一因なのは、否定できません

が、しかし、それほど食べ過ぎと言う程でもないのに
体重が徐々に増えて減りにくいと言う方がいますね

ご年配の方は、食べる量が変わらなくても基礎代謝や
基礎体温の低下、排泄力の減退による血液やリンパ
体液の滞りが、体重増加の原因ともなっています


運動による筋肉増加や代謝の上昇も効果的ですが、
ご高齢の方には、少々腰の重たい話ですね

特にひざの場合、O脚や猫背のご高齢の方は
腎膀胱系の流れの悪さによることが原因のことが
多いのです

そうですね、腎膀胱系が滞ると背中を中心に体が
衰えてくる話をしてきましたよねっ?

ひざ付近には、東洋医学で言う経絡のが多く通過
しています

胃系・脾系・胆系・肝系・腎系・膀胱系など・・・

内臓の疲れが、弱点のひざを襲います
若い方でもひざが痛くなるのは、内臓の疲労による
肥満が間接的に関係しているともいえます


内臓が健やかになれば、腰もひざも随分と調子が
良くなるものですよ

是非、お腹の調子を改善しましょう
ご年配の方にも優しい、お湯をどうぞ

呼吸

今現在、口呼吸の弊害が叫ばれていますが
注意をしてみたことがありますか?

なぜ、口呼吸がいけないかというと、鼻呼吸に比べて
細菌やウイルスをノーガードで体内に招き入れて
しまうからなのですよ

口から入った細菌やウイルスは、扁桃腺を疲労させ
免疫力を低下させてしまい、様々な病気になりやすい
体質を作り上げてしますのです

鼻呼吸には、外から侵入してくるホコリやチリ、細菌や
ウイルスを、鼻毛と粘膜で除去してくれる働きが
備わっています

これからの季節、乾燥と風邪の大流行で大変なことに
なりそうですよ

風邪の予防としては、
お掃除のところの、鎖骨の下のリンパマッサージを
参考に、右側の部分を集中的に開いておきましょう
右側部分の裏側、ちょうど背中の部分は、気管支や
肺に関係する大切なところです

風邪の予防や治療にも使えますので是非どうぞ

また、
長生きに、呼吸方法を紹介しておりますので
是非、お越しください

さらに、
蒸しタオルで、鼻の弛め方を、紹介しております
鼻の通りを良くして、呼吸をスムーズにしましょう

是非、この冬の風邪に打ち勝ちましょう
そして、健康を手に入れましょう


基本は、基礎体温の上昇と新陳代謝のアップですよ
お湯を飲みましょう

是非、ご一緒にどうぞ

蒸しタオル

本日は、いつもコメントを頂いている
「れいれい」様からのヒントをご紹介いたします

何気に、蒸しタオルをご紹介しておりますが
野口整体の流派の方なら、誰でもご承知でかつ
自信をもってご紹介できる優れた改善方法ですね

さらに、進化を遂げた方法のヒントを頂いた訳です

蒸しタオルも、毎日定期的に実行することが、日々の
疲れを溜めずに、不調を改善する手立てなのですが
いかんせん、蒸しタオルを用意して実行する手間が
多少かかります

それを、お風呂に入りながら、半身浴中に手軽に
蒸しタオルを実行する絶好の時と場所、まさに
一石二鳥とはこのことですね


追い炊き式のお風呂でも、湯沸かし器のお湯を
洗面器に用意してから実行すれば、ぬれることも
手間も軽減できる優れもの・・・

こうやって、野口先生の残してくれたお知恵も
日々進化しながら脈々と受け継がれていくのですね


ご縁に感謝です

是非、ご一緒にどうぞ・・・

目の訓練

本日は、簡単な目の鍛錬を御紹介いたします

まず、ローソク一本を用意します

ろうそくに火を点けて少し遠くに置きます

電気を消して真っ暗にします

呼吸を整えて、火を見つめます

光が様々に変化をしつつ、目の中に入ってきます

これが、ステップワン

次に、光を交換します  

線香を一本用意します

同じように、距離をある程度離します

見つめます・・・変化があります

このように、一点を見つめることで視力の集中が
生まれます

しかし、逆に、目を弛めることも同時にしなければ
なりません

これは、
視力回復を参考にしてください

もうワンステップ

遠くにろうそく、近距離に線香を置きます

ろうそくと線香を交互に見つめます

呼吸をゆったりと、意識を集中して・・・


この工程が終了したら、蒸しタオルでしっかりと
目と鼻、そして後頭部を温めてください


タオルは、ぬらして軽く絞ってレンジを
掛けてもOKです

軽く押さえながら、数回繰り返すと随分と
すっきりしますよ

是非、ご一緒にどうぞ

気について

皆さんは、気(気功)についてどのように
感じていますか?

我々が用いる気功は、本格的に気を練っている方々
よりも、むしろ一般の方が日常の生活に普段
気がつかない状態で発しているものの延長線上に
近いものだと考えております(未熟なもので・・)

たとえば、集中しているときに顔が熱くなってきたり
指先に脈打つ感じがあったり、急に手のひらが
熱くなってきたり・・・様々なこと感じますよね

では、ちょっと体験してみましょう

手の親指と人差し指を、軽くくっつけて輪を
作ってみてください そう、仏像で見かけませんか?

ひざの上に軽く手の甲をつけて、指先が触れている
部分に気持ちを集中してみましょう

指先が脈打ってきませんか?
じんじんした感じでもOKですよ
もし、脈を感じたら少し指先を離してみましょう

まだ、脈打っていますか?(じんじん)

次は、他の指に意識を移してみましょう
これで、脈が他の指に移ったら、あなたも立派に
気を感じている証拠ですよ

お風呂の中などで、体が温まっている状態のほうが
感じやすいですねぇ~

まずは、これが出来たら、十分です
急がず、慌てずに、ゆったりと体感してみましょう

もし、あっさり出来た方は、手のひら・腕・首の
付け根・背中など、気が移動いている感覚を
味わってみましょう

人によって様々ですが、温かいものが移動していく
感じだったり、ゾワゾワびりびりゾクゾクなどを
感じたらOKですよ

そうそう、手のひらが温かくなったら、自分の
気になる部分に手を当てて、温かさを感じましょう

手を強くこすって温かくしてもOKです

これが、「手当て」であり、意識すること・イメージ
することで、体の調子や状態も変化してきますよ
呼吸も感じてくださいね


究極は、イメージだけで気を患部に運んであげて
セルフメンテを行うこと・・・

三日坊主でもかまいません
是非、ご一緒に感じてみませんか?

緊急特集-便秘

本日は、実に便秘でお悩みの方が多いので
緊急特集でお送りいたします

食べ物や飲み物での改善では、なかなか
改善されない便秘体質の・・・

是非、チャレンジしてみてください

当方での、施術による改善率はほぼ90%位の
実績がありますが(ほぼ12時間以内に効果あり
、数時間以内の効果が多数)
ご自分での実践は当然、この数値を下回るものと思い
公表を控えておりました

局部だけの調整ではなく、全身のバランスを中心と
考えておりますので、ポイントだけの説明には
多少の不安もありますが・・・

まず、最初におへそのすぐ下の部分に写真のように
手を、垂直にお腹に向けます

へその下
 このような感じです

へその下
 少しずつ指をお腹に差し込みます
ここで大切なのは、息を吐きながらゆっくりと
お腹に差し込んでいきます
差し込む
 このように最後は、体を曲げるくらいまで
数回に分けて手のひらを差し込んでいきます
大切なのは、体を曲げるまで差し込んだら
体を一度起こして、再度
位置を左の骨盤方向に少しずらして
また、差し込むことです 
吸う息のときに、手をゆるめてはいけませんよ
吐く息、吐く息で手を差し込みます
特に骨盤周辺は大切なポイントです
差し込みながら痛みが発生する場合は、無理に
差し込まずに、吐く息に合せて弛むのを待ちましょう
痛みや、固さのある部分が改善のポイントです

第二のポイントです
ひざの内側
 左ひざの内側です
ひざの大きな骨の少し上の部分を押して見ましょう
痛みがありませんか?

女性は、内転筋が弱ると骨盤にも影響がおよび
下腹部のバランスが崩れやすいですね


最後に、親指の弛め方です
この部分を大腸系が通っていますので、指を
多く使う方は、定期的に弛めましょう
手の親指
 指先から三番目の関節の部分です
手の親指
 人差し指の横と親指で挟むようにします
このとき親指を爪の方にずらすと、関節がわかります
この部分を弛めてあげましょう

もし、タイミングよく、この部分の関節を
鳴らせたならば、親指の疲労は劇的に改善されます
鳴らなくても、この周辺を弛める事で随分と
色々なことが改善されますよ

これが出来るお陰で、随分と仕事がはかどっています

いかがですか?
施術で腕を弛めている時に、患者様のお腹が
鳴り出します
その後、お腹を弛める頃には随分と調子が
変わってきていますよ

ご自分で実行されるときには、是非、お湯を
併用する事を、お勧めします

本日は、3歳の娘がお手伝いしてくれました
感謝感謝です


実際は、全身のバランスなのでこのポイントだけでは
ありませんが、結果の出ているポイントなので
頑張ってチャレンジしてみてください

          

運動と水分補給

毎回、多くの方に見に来ていただいて
本当に励みになっております また
襟を正して、身の引き締まる思いでもあります

さて、以前から気になっていたことが一つ・・

「運動と水分補給」についてなのですが
不思議に思ったことはないですか?

水泳に通ったり、ジムやフィットネスに通っているのに
体重は減りにくいし、健康にも恵まれにくい・・


そんな状況の運動との接し方に一石を投じてみます

体は、汗をかく事で熱を発散し、老廃物や毒素を
体外に排出する機能を活動させます

運動は、強制的にこの機能を発動させることで人体の
機能維持に努めようとします

このことも、継続して実行しなければ正常な機能と
しては、効果の薄いものとなります

しかし、運動を数時間連続して実行し、かつ定期的に
長期間継続しているのに、体の改善が見られない

患者様に水泳をされていらっしゃる方が多いので
実例としてご紹介して見ましょう

真冬でも、プールは温水ですね
しかし、体温以上の温度ではありません
そう、徐々に体力を奪っていきます

さらに、体の機能上、運動をすれば汗をかき
のどが渇き、自然に水分を欲します

自然な働きですし、水分補給は大切です
ですが、ここからが健康・不健康への分かれ道

皮膚から体内へと続く口、そして食道・消化器官
さらには、排泄される出口はすぐに皮膚へと
続いているのです 連続して切れ目なし・・
東洋医学では、このように捉えています


なぜ、体の外側の冷えは気を配るのに、体の
内側の冷えには気を配らないのか

人体は自律神経によってバランスを維持しております
必要以上の体温の差は、自律神経のバランスを乱して
しまいます

爪もみ療法も自律神経のバランスの改善回復ですよね

水泳をされている方が、予想以上に体を冷やしている
実情を知り、よりお湯の摂取に確信を持ちました

水温で体を冷やす、運動後に注意を払わず急激に
体の表面を冷やしてしまっている(汗をそのままに
すると気化熱で体を冷やす)、そして、必要以上の
冷たい水分による体内からの冷え・・・

これでは、体調を維持できませんよね
特に、現代人は冷たいものの摂取が容易になり、かつ
摂取量が増えております

常時、アンバランスを生み出し内臓にストレスを
与えてしまっている状態・・・

これでは健康はおろか、アレルギーや免疫異常の
オンパレードの現代人の現状は当然ですよね

ストレスは体を傷つけますが、体を傷つけると
ストレスを生みます・・・

是非、自分で出来るストレス改善策・・

   お湯をご一緒にどうぞ
お湯の効力まで、よろしかったらどうぞ

躓き(つまづき)

普通に歩いて、段差もない平面の場所で
つまづくことはありませんか?

なぜだかこの頃、つま先が引っかかる
この様なこと起きてはいませんか?

私も以前、平坦な部分でつまづくことがあり
不思議に思っておりました

よくよく考えてみると、つま先が十分に引き上げられて
いないから、つま先が地面や床に引っかかるのですねぇ

と言うことは、大まかに考えられることは2つ

一つは、足の甲のほうの引き上げる力が弱い
もう一つは、足首側の引っ張る力が強すぎる

通常、向うずねの方の筋肉を力強く引っ張りながら
歩くことは、考えにくい

とすれば、足首の方側に引っ張られる力が過剰に
かかっていると考えるほうが自然である

そう、腎膀胱系ですね
特に、アキレス腱の部分の疲労が蓄積されると
常時、かかとが上がっている状態に陥りますね

足首に、疲労を感じていませんか?
アキレス腱周辺に、むくみや硬さを感じませんか?
かかとのを地面につくときに、痛みを感じませんか?
膝の裏側が腫れぼったく、曲げにくくないですか?
ふくらはぎが、つりませんか?

ひざの裏側から下の部分の疲労や痛みを感じたら
要注意ですよ・・・

是非、全身に影響の大きい腎膀胱系を健やかに
保ちませんか?

表面に現れる痛みやコリの原因は、内臓にあり!

是非、お湯を飲んで体の芯から健康になりましょう

11月6日のひざの裏
に、ひざの裏側の記事があります、是非どうぞ

お掃除

寒くなってきています

体がちじこまって、肩をすくめてはいませんか?

先日の肩甲骨の弛め方に対する、表の弛め方を
ご紹介いたします

方法は、いたって簡単

まずは、鎖骨下側のリンパマッサージご存知ですか?

もう少し下の部分、指を横向きにそーっと動かして
見てください

肋骨と肋骨の間の隙間の部分、わかりますか?
この部分の掃除を行いましょう


ごしごしこすらずに、やさしく間を開くように
マッサージしてみましょう

わき腹の部分も、内臓に関連していますから
十分に広げてあげましょう

んっ? 痛みがありましたか
その部分が、体の反射を知らせてくれているんですよ

肋骨は、背中まで続いております
前から刺激をしても、背中まで刺激が伝わりますよ

是非、ご一緒にどうぞ

side menu

プロフィール

金魚マスター

Author:金魚マスター
FC2ブログへようこそ!
健康って大切ですよね
自分自身の体を知って
健康管理!
整体師がお手伝いいたします

カテゴリー

お知らせ!

皆様のコメントをお待ち致しております 質問も気軽に書き込んでくださいませ   なお不適切と判断されるコメントは随時削除いたします

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログランキング

blogランキングってなに?とお思いの方にお知らせです。          blogランキングをクリックしていただけると 10ポイント加算されて、ランキングの累計ポイントに 反映されます     (一週間の合計が表示されています)                      24時間で一回しか反映されませんが、応援よろしく お願いします。               午前0時でリセットされます。       皆様の応援が大変励みになっております。 順位が上昇しますと、多くの方に見ていただくチャンスが 広がって、頑張る気力が充実してまいります。   人気blogランキングへ参加しております

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

11 * 2005/12 * 01

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近の記事

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。